TOP  学校長挨拶 母校沿革  母校散策 母校便り 支部・クラス会 会員トピックス 会員の訃報 事務局 関連リンク ニュース 学校へ

同窓会長挨拶



 同窓会長 熊野 巧
   第50回卒・機械 



  平成から令和へ

   未来志向のものづくりを

                       同窓会長  熊野 巧
                               (
50回機械卒) 

 同窓生の皆様には、ますますご健勝にて日々ご活躍のこととお慶び申し上げます。平成から令和へ元号が変わり、祝賀ムード一色の日々が経過し、まるで何もかも新しく生まれ変わったような、錯覚さえ覚えます。しかし、賢明なる諸兄姉にあっては、このはしゃぎように一抹の危惧を感じていらっしゃるのではないでしょうか。最近、政府による景気動向の発表で「悪化」という評価がありました。マイナス要因ばかりではないのですが、そうかといってプラス要因もきわめて少ない、というのが日本の実情のように思われます。

 ものづくりは人づくりだといわれます。時間も金もかかります。スピード・合理化・利益追求だけでは、ものづくり・人づくりは生きてこないのではないでしょうか。未来志向のものづくりは、人が中心です。AIも様々なロボットも人が考え、創り出したものです。AIに支配される社会になり、仕事を奪われ、生きていく場所さえなくなるのではないかと、不安な思いにとらわれている人々さえいます。これが豊かな未来志向の技術開発、ものづくりだといえるでしょうか。まるで悪夢をみているようなイメージです。

 今日まで同窓生の皆様に支えられ、会長を務めてまいりましたが、私は年々老いていく身です。私の未来への思いは、同窓生の皆様に託します。
どうか母校ならびに同窓会の発展に、ご支援ご協力を心からお願い申し上げます。