TOP  同窓会長挨拶  母校沿革  母校散策 母校便り 支部・クラス会 会員トピックス 会員の訃報 事務局 関連リンク ニュース 学校へ

学校長挨拶




  第34代 学校長

 中村 充宏


      新しい社会を

         たくましく生き抜くために

                                       校長 中村充宏

同窓会の皆様には,日頃より本校の教育活動に対しまして,物心両面にわたり多大なる御支援・御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 広島県立広島工業高等学校に赴任し2年目を迎えました。よろしくお願いいたします。
さて,生徒たちは,AI(人工知能),IoTInternet of Things),ロボット,ビッグデータ分析などの技術革新によって進化しようとしている新しい社会「Society5.0」に踏み出そうとしています。最新テクノロジーを活用して,これまでにない新しい価値を生み出し,様々な課題や困難を克服することによって,一人一人の快適で便利な暮らしを実現する超スマート社会です。こうした社会を逞しく生き抜いていく上では,「変化に対応できる力」「課題や困難を乗り越える力」が必要となってきます。そのためにも,本校での学びを通して,基礎学力,高度な専門的な知識や技能・技術,課題発見・解決力,コミュニケーション力などをしっかり身に付け,それらの力に磨きをかけてもらいたいと願っています。
AI等の技術が発達し,定型的な業務や数値的に表現可能な業務はAI技術に代替され,産業が変化し,働き方が変化していきます。当然,学校での学びや求められる人材像も変化してきます。今後さらに本校の教育内容の一層の充実を図るとともに,生徒と共に前へ前へと進んでいきたいと考えています。
広島県立広島工業高等学校で学んで本当によかったと思える学校づくりに取り組んでまいりますので,引き続き皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 最後になりましたが,同窓会の益々の御展と会員皆様の御健勝・御活躍を祈念して御挨拶とさせていただきます。